音楽を教えられても音楽好きにならない理由、ポール・マッカトニーが指摘してしまう

みんなの感想まとめ
@Applepopz 私も昔音楽教室でエレクトーンを習っていましたが、楽譜通りに演奏することや、発表会の披露曲を間違いなく弾くこと、階級(グレード)を上げることなどが目的となってしまったことで辟易し、「エレクトーンなんて早く辞めたい」と思って教室に通ってました。
上達しても弾ける曲は決まっていました。
@Applepopz 音楽って自由で楽しいものなんだよって、子供に伝えたい。ピアノ教室で基本から教えてもらったけど、子どもの中から生み出すものがなくて、つまらなくなってやめてしまった。
@Applepopz 音楽においてこれはすごく大事だと思う。 pic.twitter.com/h7EuuTfY4D

@Applepopz ちょっと翻訳が大げさなのと、音楽用語が間違ってるのが気になります。
@Applepopz 大昔、まだ幼稚園のころピアニカが好きで、親にねだってピアニカ教室でピアニカを習っていたけど、ずーーーーーーーと練習曲ばっかりで「好きな曲」を全くひかせてもらえなかったから、ピアニカ嫌いになったのを思い出した

好きだったものを嫌いにさせるとは、あの教師には大した才能がある

@Applepopz @ositopa49523742 最近は、中学受験などであまり弾けないうちに辞めてしまう子も後々楽しめるように、早い段階でコード進行、簡単なコードが読めるようにしています😊💕 読めるようになって嬉しいのは良いけどクラシックを面倒になる子もいるので、どちらも楽しめるように工夫しないと!!😆
@Applepopz ビートルズの曲作りの真髄ですね。さすがです。
@Applepopz たったこれだけのシンプルなビデオ, 内容にあら探ししてるリプライにあきれるわ。
@Applepopz なるほどな。基本だけを教えて、後は子供たちの感性に委ねるという事か。
@Applepopz @osaka_seventeen 和音(コード)について早くに知っていたら、フルートやトランペットみたいな単音しか出ない楽器よりも、ギターやピアノを楽しめたのかな…。

今からでも遅くはないけど、昔に知りたかったな。

@Applepopz @BALmk2 こんな感じで音楽の授業が始まったら、
みんなの心から「なんだか素敵」が溢れて
なんだか楽しい授業になるのにな。
@Applepopz 英語聞き取れる人って絶対こういう字幕動画には批判入れるのなんでなんやろ…
@Applepopz かつてオフィシャルライセンス持ってクラブチームで少年サッカーを教えていた時、バルセロナのコーチが来てスクールを開いてくれた時、子供達に言ったのです。目からウロコでした。
「強いボールを蹴りたかったら骨で蹴れ❗️」
本当にそう言ったのです。後は各自で考えるようになるのです。
@Applepopz @mechanics1111 流石だね、ポール。教育でも、天才的。

@Applepopz @YAMAGUCHI_H 全く同感です。実は音楽ってとってもシンプルなものから始まるのに.. ですよね。
@Applepopz あと最後のand that’s why_の後何言ったのかがすごく気になる
@Applepopz @Goritaro 作曲って誰でもできるの?例えばフランス料理のフルコースは作れなくても、卵かけご飯ならたいていの人は作れそうだ。まずは卵かけご飯から始める。「メリーさんの羊」はたったの8小節しかない。作曲に必要なのは音楽理論よりも、このメロディの断片を曲だと言い張る面の皮の厚さだと思ってる。
@Applepopz @ChizuruA1 考えさせる教育。最高です。宜しくお願いします。
@Applepopz @levinassien と説明しながらCCCCCC連打でサラリとメロディー作って口ずさんでしまうSir Macca相変わらず。

@Applepopz 私も人にギターを教えた時は、簡単に押さえられるコード1つ2つ教えて、「これをそのままスライドさせると、こんな感じの音になるよ」ってやってたなぁ
最新情報をチェックしよう!

社会の最新記事8件