NO IMAGE

膝栗毛の意味知ってる?意味は〇〇

みんなの反応
@yoshida256 @murrhauser こんな超弩級の死語の存在を思い出しました。発想は同じですよね? pic.twitter.com/uxrRThS7NC
@yoshida256 お洒落ですねw
徒歩る時に積極的に使っていきますw

「膝栗毛しちゃう?」的な感じでw

@yoshida256 栗毛を選ばれてるのは、栗毛が当時に名馬の代名詞だからです。
(その先は知らない💦)

対して芦毛は「悪し毛」とも言われ、戦場で目立つため、凶馬の代名詞です。

@yoshida256 以前「東海道中膝栗毛」の英訳のタイトル、”Shank’s Mare”の意味を調べていたら、shankが脛、mareが牝馬という意味で、”shank’s mare”で「自分の足で」という意味となる「膝栗毛」と全く同じ発想の熟語だと知って驚きました。
@yoshida256 膝から毛が生えたwwwワロスwww

とか思っていました

そういうお洒落な言葉だったんですね

@yoshida256 @nekomus_uta 自分を馬に例えたっていうことですかね?
@yoshida256 @GR_sirane こちら、私が大好きなバンド「ザ リーサルウェポンズ」の楽曲「東海道中膝栗毛」です、ご査証ください
youtu.be/gYe7J1mHQPs
@yoshida256 そんな事に昔からしてるんだから、「涙が出る程悲しい」が「ピエン😭でパオン🐘」な成るわな。
@yoshida256 昔はこういう粋な言葉遊びが流行りましたが、

生き馬の目を抜く令和の世では、馬と鹿の失言が千里を走るようになりました……。

@yoshida256 |д゚) そういう意味だったのか……オシャレだ……
@yoshida256 なるほど、勉強になった

最初に東海道中膝栗毛を知ったとき、「とうかいどうちゅう ひざくりげ」ではなく「とうかいどう ちゅうひざくりげ」って読んでました

@yoshida256 旅行の約束で安易に「了解道中膝栗毛」が使えなくなってしまった
@yoshida256 @Yamashita238 俺の膝栗毛の誤ったイメージが修正された。
ありがとう(*- -)(*_ _)ペコリ pic.twitter.com/oII505P61H

@yoshida256 確かに東海道中徒歩旅行ではパッとしないですねw、東海道中膝栗毛だと響きがいい♪

@yoshida256 お芝居とかで馬の被り物を被っても足は人間なので、そういうところから来ているのかもしれませんね。
@yoshida256 @osaka_seventeen 膝赤兎馬でもいいですか?✨

だめですね、、、

@yoshida256 @sgr00q ちょっと競馬を噛って居ると、栗毛、鹿毛とかに敏感に反応してしまうのは自分だけ?💫
@yoshida256 馬を駆るような身分でもないがそれでも自らの足で旅に臨む心持ちを表した粋な言葉だと思いました
教えてもらってよかった、ありがとうございます
@yoshida256 これが頭に浮かんだのは私だけじゃないはず。 pic.twitter.com/9nWE5uHwKt

@yoshida256 膝葦毛でも、膝鹿毛でもなく、栗毛を選んだのは何故…(妄想)
@yoshida256 「マロンカラーの毛が膝からワサワサと生えてる毛深い足」ではなかったのですね。
@yoshida256 昔父に教わるまで『膝から栗の毛(外皮のトゲ)が生えた話』だと思ってました…。
@yoshida256 @EvergreenSeeds 馬琴さんは大デュマ並みの凄い人ですよね。^_^
@yoshida256 へー、そういう意味だったんだ、
とある作品をネットで見かけた時に
そのタイトルが使われているのを見て
どんな意味があるのかと思ったけど
そういうのだったのか
@yoshida256 @325979 了解道中膝栗毛って了解、歩いていくってことかな…(?)
@yoshida256 @eiji_ebata 失礼つかまつりまして
なるほどなるほどなるほどなー
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!