NO IMAGE

本当に困っている人というのは、「助けてくれ」は言いません。【餓死者の統計】

  • 2020年10月25日
  • 2020年10月24日
  • 社会

みんなの感想まとめ

そういうレベルで困窮をしたことがない人は「いや、死ぬくらいなら助けを求めるに決まってるじゃん」とか、おそろしいことを言い出しますからね・・・困窮者に抱き付いて強引に引っ張り上げる重要性を”理解できない”。
@obenkyounuma はい
そこを見抜けるかどうかがソーシャルワーカーの素質なんです
教育もそう

「幸運が三度姿を現すように、不運もまた三度兆候を示す。
見たくないから見ない、気がついても言わない、言っても聞かない、
そして破局を迎える。
だが、俺たちの世界じゃ三度どころか、最初の兆候を見逃せば終わりだ」

@obenkyounuma 全くその通りだと思います。だからこそ「自助、共助、公助」という言葉ではなく、「行き詰まったら躊躇わず知人や行政を頼れ!」という社会全体でのメッセージが必要です。

@obenkyounuma @mau_mau おっしゃる通りです。ただ自分から行政制度とかに申請してもすぐに対応してもらえないし、最低1~2ヶ月かかるので救えたはずのものが救えないのがネックなんです。門前払いされるケースもあるので、そういう人を見かけたらおせっかいでも手を差し伸べることも必要だと思います。
@obenkyounuma 気分的には同意します。そういう支援活動してる人たちの感覚でもあるでしょう。声をあげられない人を助ける事が大多数を助ける事に繋がるのでしょうから。私は助けを求めた経験から同意します。でもそれを全員に演繹するのはどうかと。助けを求めないというのは、ないのでは。
@obenkyounuma 競争社会をやってる時点でムダな会話
弱者を蹴落とすのが前提なんだよこの社会は
営業成績1位と最下位に同じ給料払う会社がドコにあるんだ??
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

社会の最新記事8件