ストレス耐性が強い人、実はメンタルが強いわけではなかった! 本当の理由は→

みんなの反応

@keiyou30 長年生きてると、話してて何となくこの人とは合わないっぽい。っていうのありますね。
若い頃は、(私の勘違いかも?)って思って我慢して付き合ってエネルギー吸い取られてましたが、最近はその直感を信じてます。だいたい当たる笑笑
@keiyou30 「なんかこの人と話すの嫌い…合わない…」と感じる人のことつい避けてしまいます。仕事で必要な時以外話しかけません。雑談も吹っかけません。困ってそうに見えても見てない振りします。なんなら何かもっともな理由つけて上司に進言して座席も離します。ストレスから逃げる癖が染みついてます笑
@keiyou30 わたしの場合、メンタルに害を与える人は、実の母でした。見事にメンタルやられ、一切関わりを持たないことにしましたありがとう

@keiyou30 生育歴が虐待で、害を与える人物を避けられなかった場合、大人になっても同じような人物に選ばれてしまう。
奪われた主体性や獲得した服従体質は中々なくせず、配偶者や親兄弟とも縁を切り、友人にも恵まれない。
カウンセラー代わりにされたり掌返し、ハラスに遭いやすく親しい人間関係を結びにくい。
@keiyou30 @Somelu01 護身術の極意「危ないものを察知し、これに近付かない」
@keiyou30 @kaochan64252585 本当にそうです。今までは仕事だからと我慢してきましたが、思い切って転職したら全くストレスのないバラ色の人生が待ってました😊
@keiyou30 なんか、ほんとにそうですねーσ^_^;
私なんかわざわざストレスの中に飛び込む癖があります…
@keiyou30 自分のメンタルと信用とお金を守る為に、私の信用を傷付けた有害な方を排除しました。私の大切な友達に接近したので、腹を括って排除しましたよ。
人と距離を置くには強くなければならず、見習ったのはビフィズス菌です。タモリ倶楽部で見た菌対決が役に立ちました。
@keiyou30 ついつい話を聴いてしまうので私も下手くそです💧
今まで就いてきた職業柄嫌な人でも良い所を探そうとしてしまいます。結果此方が潰れる事も😭諦めも必要だと最近思い始めてます😅
@keiyou30 私は学生時代友達付き合いに苦労して、自分がしんどくなる人と無理に関わるより、自分が楽しく関われる少数がいればいいや、と思うようになりました。
そこからは人付き合いがしんどくて突然涙が出たりすることもなくなり、楽になりました。
自分がしんどくなる相手は回避。自分を1番大切にしよう。
@keiyou30 幼少期の体験に「回避も対処も不能な体格差または地位差がある相手から、極端または理不尽な暴力を受けた時、事後解決として通報出来る人物が居なかった者」なんかは、トラウマのせいでストレスが掛かると思考停止して自閉モードに入り、時間経過を待ちながらストレスを増大させる傾向が強い気がする。
@keiyou30 「自分のメンタルに害を与えそうな環境を避けるのがうまい」ってのもあると思う。
「人」「環境」どちらも自分の弱点を客観的に把握できてて、察知したときスーッと上手に離れたり、そもそも近づかなかったり、毅然とNOと言えたり。
回避と防御に長けてる印象。
@keiyou30 @kitt84997526 横から失礼しますが、自身の体験談では違うと思います。

「距離を取るのが上手い」のではなく、「ストレスを受けるのではなく与える」人が、ストレス耐性が強い。

医者も気に食わない患者がいれば、露骨に嫌な態度を取って排除します。

距離を取るのではなく、ストレスを与えて排除しているのです。

最新情報をチェックしよう!

ライフハックの最新記事8件