カントリーマアムがだんだん小さくなるということは、昔に遡ればもっと大きかったということだろ?つまり→

みんなの感想まとめ

むかしは酸素濃度が濃かったからね。肺や心臓などの循環器系がないカントリーマアムも大きくなれたんだ。
@onisci 健康ミネラルむぎ茶は今後やばいかもしれませんね…… pic.twitter.com/X9n6onI6h4
@onisci S C P – 2 8 0 – J P “ 縮 小 す る 時 空 間 異 常 ”

@onisci 一方で、カントリーマアムは太古より拡大と縮小を繰り返している、とする説もある。なおその説でも、近年はそのスパンが極端に短くかつ縮小率が高くなり、将来的には消滅するであろうと言われている。

(民明書房刊【カントリーマアム概論】より抜粋)

@onisci 同じような考え方で健康ミネラルむぎ茶が生成された年代も特定されそうですね!
@onisci 江戸時代には「勘鳥居魔亜無」という直径約25センチ程のカントリーマアムのようなものが有って魔除けとして食されていたんですよね
@onisci ビックバンのとき宇宙を包み込んでいたのがカントリーマアムということで合ってます?
@onisci なんか悲しいことがあっても、過去のカントリーマアムに思いを馳せて生きていける気がしました。素晴らしい情報をありがとうございます(*・ω・)*_ _)ペコリ
@onisci 牛乳プリンもだんだん小さくなっている事実から、カントリーマアムと同じ結論に至るものと思っておりましたが、最近、牛乳プリンは液体タイプがでました。そこで、過去に遡ると、実は歯で噛みきれないほどの固さを有していた可能性も否定できなくなってきました。
@onisci 恐竜を滅ぼしたのが
地球の8分の1サイズのカントリーマアムとの衝突と言われてる

聖徳太子が食べたのはそれより小さいはず

@onisci 逆に考えるんだ。カントリーマアムが小さくなっているのではなく、我々の図体と認識のサイズが拡大しているのだと。
@onisci 「冠と李、射馬編む」という故事成語が遣隋使により朝廷へ伝わり…

@onisci そして小ささゆえに
チョコまみれという策に出た pic.twitter.com/M6b3T7V5VS

@onisci 近い将来、目に見えないカントリーマームが発売され、いくら食べても pic.twitter.com/1OUSXRtEAU
@onisci 急に失礼いたします。

カントリーマアムはSCPだったんですね…。
ならそれを製造している不二家さんは要注意団体ということになります。

@onisci 宇宙はカントリーマアムでできていたのか。
@onisci やっぱりなぁ!

カントリーマアムが発売された時、「こんな美味しいんだもの、聖徳太子の時代はやっぱり大きかったのだろうなぁ」と思ったこと、あってたんだ!!

@onisci 歴史資料集で見た縄文時代のどんぐりクッキーは実際かなり大きかった記憶があります。
最新情報をチェックしよう!