イタリア人「きまぐれオレンジロードはイタリア人にとって特別」

みんなの感想まとめ

@dario_rotelli やけにイタリア語の記事を見つけると思ったら、そんな事情があったんですね。
さっき検索したら英文記事よりもイタリア語の記事の方が多くて驚いたんです。
そうですか、イタリアで初めて出版されたラブコメだったんですか・・・。
@dario_rotelli Darioさん、
こんばんは❗️
イタリアの方にとっても青春を刻んだ作品だったんですね~
わたしも当時中学生で鮎川まどかに
惹かれてました。
まつもと先生のご冥福をお祈りしつつ
自筆でまどかさん描いてみました。
この扉絵はご存じですかね~? pic.twitter.com/V2oxGTpGUl
@dario_rotelli 以前、イタリアから来た英会話講師に英語を習っていたことがありました。
幼いことにテレビで観た日本のアニメに憧れて来日したと聞き、我々の文化が他の国の方々にも深く受け入れられていたことを実感した次第です。

@dario_rotelli 恭介・・・マドカさん、もちろんひかるちゃんもすごく好きでした
子供のころ二けた回数を超える位には何回も繰り返し読んだ大好きな漫画です。私はイタリアを訪れたことはありませんが、とても愛されていたということを聴いて非常に嬉しいです。
まつもと泉先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます
@dario_rotelli @disordermonste7 80年代の少年ジャンプ黄金期を支えた名作でしたね。偉大なクリエイターの訃報に、物凄い寂しさを感じます。作家とか漫画家は体を酷使するがゆえに不健康な人が多い気がします。良いものを生み出すためのジレンマですが、若い作家さん達も健康に気をつけて良い作品を製作していただきたいと思います。
@dario_rotelli @ishida_atsuko また一人、青春の方が…
さみしいです。
@dario_rotelli @fei1978 私の世代にとっても特別な漫画かもしれません。連載時、同作品は男の子を対象とした雑誌に載ってました。当時は男の子が読む雑誌と女の子が読む雑誌は、今よりはっきり別れてましたので、ああいう恋愛メインの作品は、同雑誌の連載漫画の中では、珍しくて、少しドキドキしながら読んだ記憶があります。
@dario_rotelli Dario Rotelli様

突然、失礼いたします。
ネットメディア「withnews」の記者の松川と申します。(withnews.jp

まつもと泉先生についてのツイートを読み、イタリアで愛されていたことを知りました。是非インタビューさせていただけませんか。
よかったら、DMでやりとりさせてください。

@dario_rotelli びっくり。しかもイタリアから流れてくるなんて。

ご冥福をお祈りします。

@dario_rotelli @Jupiter_kjsk (´・ω・`)そうですか・・・亡くなっておられたんですね。寂しいなあ、何とも言えない気分。
@dario_rotelli 日本人として、ありがとうを贈ります。
<(_ _)>
@dario_rotelli そんな…ずっと単行本持ってました。ここから漫画の世界を知ったといっても過言ではない。あゆかわ~
ご冥福を祈ります。
@dario_rotelli @synno_takana 胸キュンとか存在しない国だと誤解していたよ、ごめんよイタリアの人。
@dario_rotelli ff外から失礼
イタリアで日本のアニメが人気で、めぞん一刻のような、日本特有のラブコメが人気だったのも知っているのですが、マンガ(コミック)も人気だったとは知らなかった。

@dario_rotelli 限りなくLoveに近いlike

すごい昔のはずなのに、頭に残っている!

@dario_rotelli そうだったんですか。ご冥福をお祈り致します。
毎回ドキドキしながら読んでました。
@dario_rotelli イタリアで。そうだったのか。
気まぐれオレンジロードはジャンプ全盛期ですね。
まつもと先生まだお若いのに。ご冥福をお祈りします。
@dario_rotelli あと気まぐれオレンジロードがイタリアでも受け入れられてるのがびっくり🇮🇹
鮎川とひかる
イタリアではどちらが人気があるのだろうか?
@dario_rotelli 初めて買ったコミックスがオレンジロードの6巻だったです。
それから漫画が好きになりました。

最新情報をチェックしよう!

漫画の最新記事8件