「明日入学式だやった~!!」→自殺 自殺は分からないし予防できない

  • 2020年9月30日
  • 2020年9月29日
  • 社会

みんなの感想まとめ

@on_enten 自分が自死を考えていた時、誰にも言わずいつも通りに振舞っていたのに気づいてくれた人がいました。毎日電話をくれて、そのことには一切触れずたわいもない笑い話をしてくれたことが踏み留まる一助になりました。願望でもいい・・身近な友人の些細な変化に気づける自分でいたいと思います。
@on_enten 私の場合、前日「死にたい、たまに電話してきて」と言われていた翌日、亡くなった。しかもその日、運悪く携帯を忘れて帰って見てみると着信の嵐。本当に後悔しかない。「死にたい」の無視はダメ。けど、前を向くしかないので、母の「世の中を変える人になって欲しい」という願いは絶対叶える。
@on_enten 高校の頃、クラスメイトを亡くしました。
その子は不登校で留年してしまったため、疎遠になりかけていた頃に訃報を聞き、お線香を上げに行きました。

お母さんから、亡くなる前日に「ポルさんはどうしているかな」とつぶやいて自室に行き、朝起こしに行ったら亡くなっていたそうです。

@on_enten @mugi_17h 以前酷い鬱になった時、職場でも誰とも話せず、たまたま時々ランチする仲だった業者さんに
「最近おかしいんです
気づくとビルの屋上に登りかけて」
とポロリ漏らした所、即ステーキハウスに引っ張っていかれ。
きっかけとなりお陰で踏みとどまれました

鬱病は自分で気付かぬ間に行動取ってしまう。

@on_enten 「自分なら助けられる」「自分なら自殺を予防できる」 傲慢ですよね。心の底から死にたいと思ったことがない者の戯言ですよ。何が救いになるか、何が死のきっかけになるか。それは本人にもわからないことです
@on_enten ですよね
いきなりやってくる死への願望?
誘惑?
光が強いほど闇が深いですから
@on_enten 希死念慮って脳のバグみたいなものなので、そこを、何故と道理で考えたり、〇〇していればとか思うのってかなり無意味な面が多いように思います。
@on_enten わたしは第一発見者でした。
門が閉まる音を今でも覚えています。
日常の音がつらいんです。数年経った
今でもその場所には入れないんです。
予防できるもんならしてあげて下さい
出しゃばりすぎかなくらいが人助けに
なる時もあります。でもやっぱり予防
なんてできませんよ…そんな簡単な言葉
@on_enten 自分にダイビングの楽しさを教えてくれた仲の良い兄、インストラクターの資格を持っていた彼と新しい装備を買いに行く約束をしていた矢先の自死。信じられませんでしたし、1年以上経つ今も立ち直れていません。
どうか、親しい人を永遠に苦しめるような逝きかたは…思いとどまって欲しいです
@on_enten 辛いですね。
ご遺族は「自分に何ができただろう」と自問し続けてしまいますよね。
社会全体の問題だと思うものの、個人の心にどこまで入っていけるのか。
忙しすぎて、寄り添えたはずのチャンスを逃してしまうのがこわい。
せめて「助けて」と言い易い社会にしたい。
@on_enten 辛いから死を選ぶってだけじゃないんですよね
満ちているときにもおこります
@on_enten 私の姉は未遂でした。リストカット、眠剤大量服用。流石に眠剤大量服用の時は救急車と警察が来たようでした。今は克服し普通に生活しています。生きててくれてありがとう、って私は思っています。とても頼りになる姉です。辛いなら学校に行かなくてもいいので、家族はいてくれればそれだけで嬉しいです
@on_enten (いきとしいけるものが幸せでありますように…悩み苦しみがなくなりますように…願いごとが叶えられますように…)
@on_enten 10年ぶりに地元に帰ったら友達が死んでたって話を聞いた。国立大学行った子だ鬱になり亡くなったらしい。10歳の頃から死ぬことばかり考えてた自分より明るい子だった。昨日死のうと思った自分はたまたま業者と居合わせて、止められたから生きてる。

@on_enten 私は高層マンションの最上階のベランダに座って、最後に大好きな上司と話したいと電話をしたら、「私さん、無理してない?」と言われた。
その声の優しさに涙が止まらなくて、飛び下りるのを止めた。
上司が多忙だったり、気づいてくれなかったら、今、私はいない。
@on_enten 私の父は、自死前日はすこし丁寧に過ごしているようにおもいました。当時思春期で父親が嫌いだったのですが、少しの丁寧さが不自然であったことを今でも思い出します。父からしたらいつも通りに過ごしていたつもりでしょうが、自死を選んだ事が少しばかり丁寧な過ごし方をさせたのかなと思います。
@on_enten 自殺する人の精神状態は普通ではないし普通の人にその苦しみは理解できないし、その人にとって「終わり」なら他人から見ていくらでも助かる方法があったとしてもそこで終わりなんですよね。
残されたほうは苦しいけど死んだ人は苦しみから解放されている、それがせめてもの救いです
@on_enten 「本当に辛く残念だですが、病気は身体に限らず、これも病気なのです。しかも、心の深〜いところでおきていて、本人すら気付かずに進行していた病気なので、決して皆さんはご自身責めないで下さい。お願いします。」
@on_enten しばらくNEETだった友人は、就職が決まって、幼なじみの彼女と、自分の友人と、3人でツーリングに行って、翌朝には亡くなってました。

@on_enten よく「自死をする人は兆候やサインを発する」なんて言われますが、あれって生存バイアスでしかないと思います。

そういうサインを発してた人を偶々救えただけで、全ての自死者が発する訳じゃない。

最新情報をチェックしよう!