「北海道の廃れた世界」を凝縮した一枚

みんなの感想まとめ
昔はキタキツネも「チロンヌプカムイ」という名前の神様だったという。 pic.twitter.com/cHIRXQ8a6M
@North_ern2 ここ忘れません、道の駅 ほっと羽幌 に止めておいた車のドアをこすられました。そんなことか! pic.twitter.com/PGpcg7xnUY

@North_ern2 素晴らしい!!キタキツネも雰囲気を更に増しています。ちなみにこちらは羽幌でしょうか

@North_ern2 羽幌に一時期住んでいました
小学校の体育館倉庫に「わたしたちの羽幌市」とベニヤ板に書かれた手作り絵地図がひっそりしまってあったことを思い出しました。一時期は人口3万に届きそうだったそうです。
見るだけアカですが、いつもお写真拝見して望郷の念を抱いてます。
ありがとうございます。
@North_ern2 北海道を舞台にしたポストアポカリプス系のゲームの一本でも作れそうな感じだ
@North_ern2 ヒトの「業」だけが残った世界… pic.twitter.com/r1NQRw0gPe
@North_ern2 胸きゅん マンガ 君に届けの舞台 羽幌町は作者 軽穂先生の出身地です。
(作中では 架空の町 北幌町となっています)
─==͟͟͞͞=͟͟͞͞➸(๑♡⌓♡๑)➸ス˝キュウゥゥン♡ pic.twitter.com/G5jOcaNzEd




@North_ern2 @Perry_ppp 今から30年程の前の話でしょうか、自分の祖父母がいる美唄を訪ね、山側への道を車で案内してもらいました、そこには、廃棄された多数の集合住宅があり、もちろん人っ子一人もなく、何とも言えない恐怖を覚えたものです
@North_ern2 @OCoaltown キタキツネがいる…!!!
可愛い〜!!!
@North_ern2 昔、羽幌のユースに泊まった様な記憶があるのだが。数十人の町に?
@North_ern2 @hiroring0323 ある程度は炭鉱を存続させた方が、その後の交付金、補助金、社会保障費の増大よりも費用対効果があったのではと思える事が増えてきました。
@North_ern2 奇跡の一枚、ですな!
@North_ern2 文明が滅びたその後、たくさんの動物が街に降りて来た。的なw
勝手に妄想ごめんなさい🙏
@North_ern2 左に厚い雲。右に切れ間から見える青空、差し込む光。
中心に神様。後ろに忘れられた人工物。
森とアスファルト。

栄枯盛衰の表現が完成し過ぎている。

@North_ern2 @YosidaHayato ゾンビものの漫画とかで出てきそうな。
@North_ern2 たまに矢印標識が懐かしくなります
@North_ern2 そういえば愛媛県らしい写真て一つもないな…
愛媛らしいってなんだろうか…
@North_ern2 @yuruyuri_yuru キツネがこっち見てる可愛い〜と思ってはいけない写真ですね

@North_ern2 キツネのお腹がMマウス模様ですね
最新情報をチェックしよう!

社会の最新記事8件