「了解しました」より「承知しました」が適切とされる理由→いちライターが2007年に書いた適当な記事だった

みんなの感想まとめ
ミリタリー研究・趣味やってても感じるんだけど、日本人って「上から目線で断定口調で教えられること」に弱いよなあ、と思うんだわ。なんだろう、自分であれこれ考えるより、そういうのに身を任せちゃうのが楽、というか…
サイコパスの詐欺師が横行するのもこれが原因かもしれん。
@Kenichi_Kaneko とてもわかりやすい「了解」と「承知」の歴史です。

1960-2000
「了解しました」OK
2007
「承知しました」の方がいい感じ
2009
「了解しました」は不適切
2011
「了解×」「承知○」の記事量産

ちなみにライターの菊池さんは世界一即戦力な男で有名になった方ですね。 pic.twitter.com/9gyk7p6hoi

@Kenichi_Kaneko 「『了解』が目上の人に失礼なら、どうして警官や自衛官は上の人に平気で言ってるんですか?」と突っ込むと「それとこれとを一緒にするな」とか何とか(苦しい弁解

@Kenichi_Kaneko @kingbiscuitSIU 確かにここ数年「承知しました」頻度が高く感じていましたね。
根拠の薄い「了解には敬意がこもっていない」言説に大勢が振り回されたのは、ちょっと笑えるw
@Kenichi_Kaneko @hikagetei 「了解」は、「あなたの言ってることは分かりました」で、「承知」は「あなたの言ってることを理解して承りました」っていう意味だと思ってる。

だからビジネスなどで指示に対しては、基本的に「承知いたしました」を返す。

@Kenichi_Kaneko @KGN_works これ、「頑張れ」という言葉にも通じるように思う。

一時期、これ以上何を頑張れと言うの?と誰かが言った途端広まって、杓子定規に悪意に受け取ることが流行った感がある。

最近は落ち着いて、言葉の意味そのものではなく、応援の気持ちを素直に受け取る人が増えて、「頑張れ」も増えた。

@Kenichi_Kaneko @stop_aso ノーベル賞物理学者のファインマンが自伝に書いてたけど。学生時代に「Aの形式の反応と考えられていた物をBだと考えると矛盾が無い」事に気づいて、何故皆がAと信じていたのか学生たちで調べたら。「これはAと思われる」程度の論文に行きついたそうだ。その程度が「事実」になっちまうんだよね。
@Kenichi_Kaneko 個人的にはその手のシチュエーションでは「畏まりました」で通していて、了解という言葉にはそもそも違和感が……。
承知というのは、更に踏み込んだ合意をした時というイメージがありました。
近年、急に了解という返事の是非が俎上に載せられた感があったのはこういう経緯があったのですね~。
@Kenichi_Kaneko 更に掘り下げられてJAL破綻により職を失ったスッチャデスが”失礼クリエイター”に転職してから発生したってとこまでさらに掘られててワラタ
@Kenichi_Kaneko 2011年よりずっと前から承知を使えと指導されていましたね
@Kenichi_Kaneko 漠然と「承知しました」の方が丁寧な感じあるなーとは思ってたけど、もともとは違いあんまなかったんだ。
でもやっぱ超目上の人とかには「承知しました」だとか「仰る通りです」とかの方がしっくりくるかなぁ。
@Kenichi_Kaneko 私はあまり納得出来ませんでした。十数年前に上司に使うなと言われました。こちらの方がしっくりきました。
本文引用『「了解」云々は、ウルトラマンなどの特撮映画の影響で、子供時代にそうした言葉遣いでxxxゴッコをし、遊んでいた名残であろう』detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_de…
@Kenichi_Kaneko @hinata_honjo 了解は上下関係なく身内に使う感ありますね。上から言われたら了解しましたでいいと思う。外部、取引先なら承知にいい変えるのも、まあ、アリかなぁという感じ。基本日常的なメールは了解で問題ないはずですね。
@Kenichi_Kaneko @studiocorvo Gmailの自動返信欄の3択の中に入ってますが…。

@Kenichi_Kaneko 面白い。ちなみに私の個人的な偏見では了解という言葉をやけに嫌う人間は大抵共産党支持思考があるように思う。自衛隊や軍のやりとりで使われるイメージが強いから勝手に戦争を意識して言葉に嫌悪を抱く。あくまで偏見だが
@Kenichi_Kaneko 非常に面白い呟きでした。
普段、特に意識して使い分けしてないな。
了解も承知も取り敢えず「しました」付けてるだけで、どっちでも いいか って感じ。
最新情報をチェックしよう!